http://www.davidwalshonline.com/category/gallery/
ユニクロ(UNIQLO)は、初の本格的リゾートウェアコレクションとして、トーマス・マイヤー(Tomas Maier)とのコラボレーション「トーマス マイヤー アンド ユニクロ(tomas maier and uniqlo)」を発表。メンズ・ウィメンズアイテムを2018年5月18日(金)より発売する。本記事ではメンズアイテムを紹介。トーマス・マイヤーによるユニクロ初の本格リゾートウェアこれまでクリストフ・ルメール、そしてジョナサン・ウィリアム・アンダーソンと数々の世界的デザイナーとのコラボレーションを繰り広げてきたユニクロが、次なるタッグの相手に選んだのはトーマス・マイヤー。彼は、ソニア リキエル(Sonia Rykiel)、レビオン(REVILLON)、エルメス(HERMÈS)などの数々の老舗メゾンで経験を積み、現在は自身のブランドだけでなく、ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)のクリエイティブ・ディレクターとして活躍する人物だ。そんな彼とのコラボレーションでは、ユニクロ初となる本格的リゾートウェアコレクションを提案。「time off-心の解放、時間からの解放」をテーマに、上質な素材を駆使し、優れた技術と機能性といったユニクロのノウハウを融合させた、ジャケットやポロシャツ、スイムパンツなどを展開する。快適な着心地のジャケットやポロシャツ暑い時期でも快適に着られる素材「エアリズム」を使用した、スタンドカラージャケットはミニマルなデザインと、カーキやネイビーといったシックな色調がマッチした1着だ。スマートなシルエットのエアリズムポロシャツは、フルオープンを含む2型を展開。夏を爽やかに過ごすのに最適なアイテムが揃う。日常使いできるブルゾンやショートパンツコットンブルゾンや、身頃にポケットを多く配したフライトジャケットは、夏に限らず長いシーズンに適応できるアウターだ。その他、パームツリープリントのTシャツや、アーシーなカラーリングの無地Tシャツ、チノショートパンツなどを展開する。いずれもシンプルで日常のスタイリングに取り入れやすいウェアとなっている。スイムウェアやビーチサンダルまた、2種類のパームツリープリント柄やネイビー・カーキのカラーブロックなど、落ち着きのある色味のスイムパンツやビーチサンダルなど、リゾートで活躍するアイテムも発売される。詳細トーマス マイヤー アンド ユニクロ発売日:2018年5月18日(金)全商品取扱店舗:ユニクロ銀座店、ビックロ 新宿東口店、吉祥寺店、札幌エスタ店、仙台泉店、名古屋JRゲートタワー店、ユニクロ 大阪、心斎橋店、オンラインストア※一部商品はユニクロの全店舗にて発売■アイテム例・ジャケット、ブルゾン 2,990円+税~5,990円+税・パンツ 2,990円+税~3,990円+税・Tシャツ 1,500円+税・ポロシャツ 1,990円+税~2,990円+税・ニット 9,990円+税・ビーチサンダル 1,990円+税